石膏について

HOME > 石膏について > 1.石膏の種類

学術関連資料

1.石膏の種類

石膏には、4種類の書き方があります。「膏」の字が非当用漢字のため、関連JISでは、
「石こう、せっこう、セッコウ」があり、今のところ最新JISでは、「石こう」となっています。
厚生省医療用具として分類されている名称も「石こう」となっています。
したがって、官庁などへの対外的文章には、「石こう」と書くようになっています。
ただし、“無機マテリアル学会”では、「せっこう」で統一されています。
さて「石膏」は、その結晶形態、状況により呼び方も変わります。 参考までにまとめてみました。

二水石膏

(Caso4・2H2O/単斜晶)
硫酸カルシウム二水和物、硫酸カルシウム二水塩、石膏石、結晶石膏、原料石膏、化学石膏、石膏原石、アラバスター、雪花石膏、雪花石

半水石膏

(CaSO4・1/2H2O/三方晶)
硫酸カルシウム半水和物、硫酸カルシウム二分の一水塩

*結晶形の違いで次ぎの2つに分類されます

①α型半水石膏/α石膏、硬質石膏、硬質半水石膏、高強度焼石膏、硬石膏(正しくない歯科業界用語)

②β型半水石膏/β石膏、焼石膏、普通石膏(硬質石膏に対する歯科業界用語)、鋳込用石膏(陶磁器業界用語)

無水石膏

(CaSO4/Ⅰ型結晶系不明、Ⅱ型斜方晶、Ⅲ型六方晶)
硫酸カルシウム無水物

*結晶系の違いで次ぎの3つに分類されます。

①Ⅰ型無水石膏/高温型無水石膏

②Ⅱ型無水石膏/不溶性無水石膏、硬石膏

③Ⅲ型無水石膏/可溶性無水石膏、γ石膏、乾燥用石膏